【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

生老病死は非課税

生老病死(しょうろうびょうし)とは、仏教に由来する語で、この世で避けることのできない人間の4つの苦悩を表したものだそうです。

消費税法では社会政策的な配慮から消費税を課税することになじまないものには、消費税を課さないというルールがあります。消費税を課さない取引のことを「非課税取引」といいます。

その例として、人が生まれてくるところ、老いて介護サービスなどを受けるところ、病気になってお医者さんに診てもらうところ、死んで火葬されるところなどは消費税がかかりません。

ただし、お葬式を挙げたりなどのセレモニー関係には消費税がかかります。つまり、人の暮らしの中で必要最低限のものが非課税ということになります。

関連記事

カレンダー

2017年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031