【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

人は生まれてから、色々な事を学び身に付けていきます。「話す」というのも、その一つで、情報を伝達するため、人と距離を縮めるため、価値観を共有するため等のために人は言葉を紡いでいきます。話し方によって、真心が伝わったり、新たな可能性が広がったり、あるいは伝わらなかったり、怒らせたり、誤解を生んだりします。

ところで、「話し方」は本当は人生でとても大切なスキルなのに、改めてどこかで学ぶ機会が意外と少ないことに驚かされます。そこで、私が講師として人に情報を伝えるという経験から学んだことを、今回5つにまとめてみました。

① 笑顔で話す・・・楽しいから笑うのではなくて、笑顔を作って話をするから、会話が楽しくなるのです。また、笑顔で話すと声が明るくなるため相手にポジティブな印象を与えることができます。

② 姿勢を正す・・・顎を引き背筋を伸ばしお腹から深い呼吸をします。そうすると、心と頭がリセットされて、いったん思考を中断することができるので、新鮮な気持ちで目の前の相手に向き合えます。

③ シナリオを考える・・・まずはイメージづくりをして自分のほうの準備をします。相手はどんな状況か、自分は何を伝えたいか、周りの状況はどうなっているか、現在の状況をどういう方向へ向かわせたいかなど、考えられる限りのことを考え尽くします。

④ 状況に応じて言葉を選ぶ・・・現実の場面では、事前に考えたシナリオとは別の要因が出てきたりするものです。ここで問われるのは、臨機応変さです。状況に応じて自身の役割を変えましょう。この時、未来につながる方向性が作れる言葉が紡げればよいでしょう。

⑤ 判断は相手に任せる・・・人は他人から何かを押し付けられることを快く思いません。最終的な判断は相手に委ねましょう。こちらは判断材料を見せて希望を伝えます。その提案が相手にとってプラスで、こちらにとっても大いに学びとなり可能性が開けるものなら、次の展開につながるはずです。

最後に何より大切にしたいのは、相手の立場になって一緒に考える姿勢だと思います。たとえその時は上手くいかなくても、そこから学び得たものは次の人生を切り開いて行く糧になると思うのです。

 

 

関連記事

カレンダー

2017年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031