【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

お正月に神社などへ初詣に行くこともあるでしょう。初詣(はつもうで)とは、新たに迎える年の平安を祈願するため年が明けてから初めて神社などに参拝する日本の風習です。受験生の皆さんは、さしづめ合格祈願といったところでしょうか。そこで、改めて知っておきたい「参拝の作法」についてまとめてみました。

「二礼二拍手一礼」—これが神社への参拝作法の基本形です。

二礼・・・神様に向かって2回深くお辞儀をします。

二拍手・・・両手を伸ばして手のひらを合わせ、右手を少し手前へ引き、手をずらします。肩幅くらいに両手を大きく開いて2回打ちます。もう一度、両手を合わせてそろえ、祈りながら静かに手を下ろします。

一礼・・・もう一度深くお辞儀をします。

美しい所作は心にも良いと言われます。正しい作法で参拝すると、すがすがしい気持ちになることでしょう。

さて、消費税法の問題を解く作法については、まず初めに全体像を把握し、基本的なところを解いてエンジンを温めていきます。次に時間のかかりそうな難しい論点を解いて得点の上乗せを狙います。本試験では難しいところをトバスのが鉄則であり、これこそが合格する方法です。

常に意識していただきたいのは、「問題の取捨選択の判断を正確に行うこと」です。これができれば、簿記論や他の税法を学習するときにも役立つことでしょう。

関連記事

カレンダー

2017年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031