【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

ヴォイス・トレーニング

人は明るい所に集まってくるそうです。昔から、「笑う門には福来る」といいますよね。楽しく幸せな気持ちで毎日を過ごしていれば、幸せが寄ってくるのだそうです。

人が集まる所では、必ずおしゃべりが始まりますし、ジョークも言い合ったりします。また社会人になると、人前で話をしたり、何かを説明したりする機会が出てきます。実は、このとき、話す内容よりも声や表情や雰囲気によって、相手がこちら側に対して持つ印象が左右されていることをご存知ですか? 明るく楽しい表情で何かを話している人には、ついこちらも聴き入ってしまいます。あとで話をした内容を振り返ってみると、そんなに大した話ではなかったりするのに、声や表情につい引き込まれて話を聴いてしまうのです。

先日、プロのヴォイス・トレーナーのレッスンを受けてきました。私なりに家でもできるトレーニング方法をまとめてみました。

① 呼吸は腹式呼吸です。まず、足を肩幅に開いて背筋を伸ばしてまっすぐ立ち、お腹の筋肉を使って口から息を全部吐き出します。このとき、「スーッ」という吐く音が口から聞こえます。次に、お腹の筋肉を使って鼻から息を吸います。お腹を膨らませるイメージです。息を吸ったら5秒止めます。そして、また息を吐き出します。これを繰り返します。

② 鏡を見ながら、表情筋をほぐします。「あお・あお・あお・あお・あお・あお・・・」とできるだけ早く言ってみましょう。「あ」のときは頬の筋肉を上に持ち上げることを意識します。「お」のときは、唇をすぼめます。

③ 舌の筋肉をほぐします。「らな・らな・らな・らな・らな・らな・・・」とできるだけ早く言ってみましょう。これは舌の筋肉を意識して使いましょう。この発音は、日本人でも、けっこう難しいと思いますよ。

さて、以上のトレーニングを本当は毎日積むのがベストですが、お忙しい方は、思い出したときに「三日坊主」を続ければいいと思います。そんな軽い気持ちで始めてみてください。

受験生なら、ぜひ理論を覚えるとき、このトレーニング方法を取り入れて、声を出して条文を読んでみてくださいね。ここで身に付けたスキルは、合格後、きっと仕事の場面で活かせます。

 

関連記事

カレンダー

2018年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031