【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

「ビットコイン」って、最近ときどき聞きますよね。もうお使いになってる方もいらっしゃるかも知れませんが、全く知らないという方のために、今回は「ビットコイン」についてまとめてみます。

そもそも「ビットコイン」とは、仮想通貨の一つで偽造されないように暗号化されたデジタル通貨です。デジタル通貨とは、皆さんが普段お使いの Suica やETCカードなどのことです。ただ、仮想通貨はオンライン上にあるものなので、落としてしまうなどの心配はありませんし、いつでも世界中で使うことができます。よくネット上で「ビットコイン」というと「B」という文字が書いてあるお金のイメージ映像で表現されることがありますが、仮想通貨なので目に見える形が存在するわけではないのです。

それでは、どうやってビットコインで買い物をするのでしょうか?

たとえば、私たちがお店でパンを買うとしましょう。パンをもらって、その代金として消費税を含んだ手持ちのお金を支払います。

ビットコインで買い物をする場合には、まず、ビットコインで決済をしたいと考えた人が、手持ちのお金をビットコインに両替します。次に、両替して得たビットコインで支払いをするのです。

たとえば、インターネット上でゲームのアプリを買う際に、ビットコインで対価の支払いをするとしましょう。インターネットからゲームのアプリをダウンロードしてアプリをもらって、その代金として消費税を含んだ金額の価値相当のビットコインを支払います。

消費税法では、ビットコインを両替する段階では消費税をかけない、つまり、非課税にすることとしています。支払手段には、小切手や手形などと同じく、消費税を課税しないのですね。

 

 

関連記事

カレンダー

2018年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031