【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

受取利息と支払利息

「銀行にお金を預けてても利息が付かないからねぇ。何かいい金融商品ないかしら?」・・・こういう表現で使う「利息」について、今回は少し解説します。

そもそも、「利息」とは、貸したり、預けたりしたお金(=元金)に対して決められた割合で支払われるお金のことをいいます。銀行などで呼ぶ言い方だそうです。一方、同じ意味で使われる「利子」という言葉があります。

これらの言葉は、どのように使い分けされているのでしょうか?

一言でいえば、もらうときは「利息」、払うときは「利子」となります。試しに、銀行の預金通帳を見てみてください。「利息 ×××円」と書いてあるはずです。これは、消費税法上、利子を対価とする金銭の貸付け等として非課税となります。皆さんが銀行にお金を預けて利息を受け取るという取引で捉えるため、消費税は課税されないのです。

関連記事

カレンダー

2018年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031