【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

駅のナンバリング表示

最近、電車に乗ったときに、駅名に番号が振ってあるのを見かけます。数年前から、あの番号は何だろうと思って気になっていたのですが、東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて外国人旅行客に分かりやすく案内をするためなどの目的で、駅名に番号が振られたのだそうです。

たとえば、外国人の方に東京から上野までどうやって行くのか尋ねられたら、「黄緑色の山手線の電車に乗って5番目の駅で降りてください。」というように案内すると漢字が読めなくても分かりますよね。

ところで、電車に乗るというサービスを利用した場合、消費税はかかります。これはJRなど鉄道会社の立場からみて、「国内において事業者が事業として対価を得て行うサービスの提供」であるため課税の対象となるからです。

駅名のナンバリング表示については、リンクを貼っておきますので、興味のある方はこちらへどうぞ → https://www.jreast.co.jp/press/2016/20160402.pdf

関連記事

カレンダー

2018年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031