【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

私もお蕎麦が大好きで、蕎麦屋さんに好んで足を運びます。先日、日本のお蕎麦を食べに来た外国人観光客のグループと相席になりました。お箸の持ち方やお蕎麦の食べ方など、いろいろと質問していました。すると、お店のベテランのスタッフの方が「お蕎麦は目で堪能して舌で味わい香りを楽しみ耳で食すのです。」と説明していました。

傍でお話を聞きながら、「五感を使って味わう」ということを意識するだけで、何か遠くの方まで旅行に行った気分になり、普通のランチタイムなのに、文化的で特別な時間を体験したように感じました。

ところで、そばの原料であるそば粉ですが、日本の自給率は、ここ数年20%台となっています。実は、ほとんどが中国産のそば粉を使っています。つまり、外国からの輸入に頼っているのです。
農林水産省から公表されている資料はこちら → http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/syotoku/02/pdf/07_data3-2.pdf

消費税について考えてみると、そば粉は外国貨物となりますので、これに係る消費税を税関に申告・納付して輸入許可を得てから、そば粉を引き取ることになります。

もしかしたら、「五感を使って味わう」ことは、食べるマインド・フルネスになるかも知れませんね。

 

関連記事

カレンダー

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728