【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

スペイン料理は美味しいだけじゃなく、オリーブオイルをたっぷり使っているので、健康にも良いのをご存知ですか? 百歳を超えてまで医師としてもご活躍されていた故日野原重明先生もオリーブオイルを毎日飲んだいらしたとか。料理好きの友人は、スペイン料理は魚介類などをたくさん使うから、自宅で作るより外に食べに行ったほうがいいと言います。お気に入りのレストランに通うとお店の人とも仲良くなって会話も弾んで楽しいですよね。

さて、少し消費税のお話に触れますと、このレストランを経営している事業者が簡易課税で申告していた場合、この売上は第四種事業に区分されます。第四種事業はみなし仕入率60%となりますので、たとえば、預かった消費税額100万円だったら、支払った消費税額は概算で60万円(100万×60%=60万)と計算されます。したがって、納付すべき消費税額は40万円(100万- 60万=40万)となります。

家族や友人たちと楽しく食卓を囲む幸せな時間を、これからも大切にしたいと思っています。

 

 

 

関連記事

カレンダー

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728