【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

今回は、消費税が導入されるまでの苦難の道のりから、消費税率の段階的な引上げについて、まとめてみます。

それまでの所得税・法人税に代表される直接税だけでなく、広く一般的に消費支出に負担を求める新税の導入を目指し、1979年に大平正芳首相が「一般消費税」の導入を公約に掲げましたが、与党内からも反対意見が多く結局頓挫してしまいました。その後も、1987年に中曽根康弘首相が「売上税」法案を国会に提出するも国民的な反対に遭いすぐさま廃案となってしまうなど、国民からの支持を得ることに難航していました。
1988年に、消費税法が竹下登首相によって初めて成立し、翌年1989年より施行されました。当時の税率は現在よりも低い3%でした。その後、1997年に橋本龍太郎首相によって税率が5%に引き上げられ、さらに2014年に安倍晋三首相により8%にまで引き上げられました。今後は、2019年10月から消費税法が10%に引き上げられ、同時に軽減税率の導入が予定されています。

 

関連記事

カレンダー

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728