【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

平成31年(2019年)10月1日から消費税率10%の引き上げに伴い、軽減税率制度が導入されます。軽減税率制度とは、平たく言えば、飲食料品や定期購読する新聞に対しては、税率を8%とすることです。消費税率10%より低く、消費者の負担が軽減されていますね。
この飲食料品の中からはお酒や外食、ケータリングなどは除かれます。このケータリングというのは、出張料理屋さんみたいなイメージです。これらは消費税率引き上げ後は10%となります。

私たちの暮らしの中で、これまでと違う身近な例としては、複数税率となるため、買い物をしたときに受け取る領収書などの形式も税率を分けて記載されることです。事業者は、帳簿や請求書の記載について税率を区分して記載するため手間がかかるようになりますので、正確に効率的に処理を進めるための事前準備が必要でしょう。

軽減税率制度について詳しくは国税庁サイトでご確認下さい。→ https://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/05.pdf

また、税理士試験の受験上は、納税義務の判定根拠となる「基準期間における課税売上高」と課税売上割合の計算などで使う「課税期間における課税売上高」を税抜処理するときの税率が異なる点に注意しましょう。

関連記事

カレンダー

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728