【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

ミスノートはKeyWordでインデックスをつくる

最近では、知りたい情報を調べるときにGoogleなどで検索して、すぐに「知らないことを知る」ことができます。1つのことに関して、色々な人が様々な角度から説明しています。これからは「知っていること」以上に、どういう視点を持ってその情報を受け止め理解して活かしたかが、ますます重要になってくると思います。

ところで、消費税法の受験勉強をしていて分からない場合、多くの受験生は、ある問題の解き方が分からない、問題の資料の読み取り方が分からない、という状況に陥っているのではないでしょうか。これらを自分なりに分析してミスノートにまとめるときは、KeyWord でまとめてみるとよいでしょう。

試験に頻出される「貸倒れ」を例にとれば、① 税額計算の方法が分からない。→ 計算方法を中心にまとめる。 ② 貸付金などの貸倒れは税額控除しないという意味が分からない。→ 「税額控除しないもの」についてまとめる。 ③ 「○○(いつ)に販売した売掛金の貸倒れ」などの問題の資料の読み取り方が分からない。→ 販売したときの納税義務の有無をチェックするところからまとめる。

こうすると、本試験直前に短時間で KeyWord を中心に一気に復習できるので学習効果は予想以上に大きいですよ。 

関連記事

カレンダー

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728