【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

海外からワインを輸入すると・・・

せっかくだから、みんなで打ち上げをするためにワインを海外から取り寄せよう!・・・こんなとき、実は個人が海外からワインを輸入していることになります。

海外からモノを輸入した場合は、原則として、商売をしている事業者のみならず、一般の消費者も消費税を納める義務があります。したがって、海外からモノを輸入した人が消費税を税関に納めてからモノを引き取ることになります。
消費税法の規定では、「外国貨物を保税地域から引き取る者は、課税貨物につき、消費税を納める義務がある」です。

ただし、個人がお酒を楽しむために海外から取り寄せる場合には、3本まで関税・消費税・酒税が免除されるというルールがあります。興味のある方は、税関のカスタムスアンサーをご確認下さい。http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/kojin/3105_jr.htm

海外からワインを取り寄せるといったシチュエーションでも、消費税のことが関係するんですね。

関連記事

カレンダー

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728