【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

JV(ジョイント・ベンチャー)

JV(Joint venture)とは、複数のゼネコンなどが集まって共同で一つの工事を受注し施工するための組織のことをいいます。複数の企業で工事を受注するともなると、相当な規模の工事ということは容易に想像されますね。

地鎮祭を挙げて工事の無事を祈りつつ工事を着工した日から目的物が完成し引渡しの日までの期間が1年以上あり、その工事の請負対価の額が10億円以上などの要件を満たす工事のことを「長期大規模工事」といいます。

事業者がこの長期大規模工事を受注した場合、売上の計上基準については、原則として目的物が完成し引渡した日とされていますが、特例として工事進行基準による方法も認められています。工事進行基準によると、工事の進捗に合わせて売上を計上することになるため、工事が完成する前に売上が計上されます。
消費税の納付税額の計算は、売上げた金額をもとに課税標準を計算することとなるため、課税の前倒し効果があります。

受験中に勉強している論点がニュースで取上げられたりすると、知っていることと社会とのつながりが見えて、ちょっと嬉しくなりませんか?

関連記事

カレンダー

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728