【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

確定申告書類を郵便で送ったら

確定申告の方法には e-TAX で済ませる方法と書面で提出する方法があります。e-TAX で行う場合、ICカードリーダライタなどを準備しなければならないので、もしかしたら、書面で提出する方法を選んだほうが楽という方もいらっしゃるでしょう。

確定申告書を国税庁サイトの「確定申告書等作成コーナー」で作ったら、プリントアウトして税務署に郵送しますよね。そのとき、ポストに投函しますか? 大きめの郵便局に直接持っていきますか? 先日、私は、大事な書類だから書留で送った方がいいのかなと思って、大きめの郵便局に行きました。郵便局員の方にどの方法で郵送すればいいのかを聞いてみたら、「今の時期は、税務署の職員の方が毎日郵便局まで取りに来てくれますんで、通常郵便で大丈夫ですよ。」と教えてくれました。

さて、確定申告書を第一種定形外で郵送すると、郵便代は1通120円です。ここには消費税が含まれています。国内において郵便局が事業として行っているサービスの提供なので消費税がかかります。私たちは消費税を含んだ代金を支払いこのサービスを利用します。消費税法では、このような取引を課税仕入れといいます。

ところで、このケースですと、税務署の職員さんが確定申告書類を取りに来てくれて、郵便局員さんは配達してないから、0円でもいいじゃない!ってことにはなりませんよ。

 

 

関連記事

カレンダー

2018年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031