【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

税理士試験、電卓を叩くのは右手or左手?どちらが有利?

ところで、皆さんは右利きですか? それとも左利きですか? 税理士試験の消費税法では理論と計算の両方から出題されますが、電卓を使う計算問題を攻略するのに、右利きと左利き、どちらが有利なのでしょうね? 私は、皆さんが一番やりやすい方をお勧めします。

私自身は右利きですが、受験生時代、いろいろと試行錯誤したものです。消費税法の答案用紙は、何枚もあり、また、上から順番に計算過程を書いていくのではなく、解けるところから解いていくため、試験時間の途中では、ジグソーパズルを解いていくような形になります。そうすると、答案用紙を何回もめくったり戻したりという作業が発生するため、電卓を置くポジションを固定することも、効率的に解答するためには結構重要になってきます。

右利きの私が試した中で、一番スッキリした形は、机の右上に電卓を置き、右手で電卓を叩き、右手で答案用紙に書き、左手で問題用紙と答案用紙をめくるという形でした。つまり、右手と左手の役割を分けたのです。そうすることで、机のスペースが狭くても、わりとスムーズに処理できることを発見しました。

税理士試験会場は、皆さんが普段使っている予備校の机やご自宅の机などとは違い、思ったより狭いことだってあります。そんなときに、日頃から資料を置く順番や電卓の置き場所、右手と左手の役割などを決めておくことで、焦らずいつもの実力を発揮することができるのです。

関連記事

カレンダー

2018年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031