【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

お料理と税理士試験の受験勉強

昨日、夕飯を作っているときに、ふと、お料理と受験勉強って似てるなぁと思いました。共通点は、段取りです。ご飯を作るときは、最初に材料を切ったり、下ごしらえをしたり、次に続く、炒める・煮る・焼く・蒸すなどの工程を考えながら手際よく進めますよね。税理士試験の受験勉強もこれと同じなのだと思います。

税理士試験消費税法の試験では、最初は取引分類をしますが、次の工程は課税標準額の計算や、控除対象仕入税額の計算をします。問題を読んで解けそうなところから解いていく方針は大切にしつつ、常に、どういう手順でこの問題を攻略するかを判断してから解きます。

このとき、私もよく間違えてしまうのは、作戦を立てて判断してから解くという点です。判断しながら解くのではないのです。考えながら問題を解くと、ちょっとしたところでケアレスミスをしてしまいます。問題をよく読んで解く手順などを判断したら、あとは慎重に解くことだけに集中するのです。そうすると、余計な肩の力が抜け、本試験でもいつもの実力が発揮できると思います。

そして、最後に一言。いつもの実力を発揮するためには、毎日少しずつでもコツコツ積み重ねていく方が絶対にいいです。中には、短期間に効率的に結果を出してしまう特殊な才能をお持ちの方もいらっしゃいますが、経験やノウハウなどを特にお持ちでない方は、地道にコツコツ積み上げて行って、忘れたらもう一度反復するというように繰り返して身に付けることが一番の近道なのではないかと思います。

少しタイトなスケジュールになりますが、今から税理士試験の消費税法の合格を目指す場合でも、まだ間に合います!

関連記事

カレンダー

2018年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031