【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

消費税はモノやサービスの消費、つまり「取引」に対して課税される税金です。消費税法の学習を始めた一番最初の段階で、取引分類について学ぶのはこのためです。一方、所得税や法人税などは「所得」つまり、「儲け」に対して課税されます。受験上、消費税法を攻略するには、「取引」に対してどのように消費税が関係するのかという消費税の仕組みを知っておくと、どうして仕入税額控除をするのかといったところで、深く理解できるでしょう。

たとえば、商品が生産者から消費者の手元に届くまで、商品は市場の中で何人もの人の手によって運ばれていきます。商品は市場を流通するのです。事業者はモノやサービスを買ったときに消費税を支払い、モノやサービスを売ったときに消費税を預かります。

そして、商品を売って消費税を預かった事業者は申告時期になると消費税の申告を行います。消費税の納付税額を計算するときに「預かった消費税額」から「支払った消費税額」を控除します。消費税は「取引」に対して課税されますが、市場を流通する中で一つの「取引」に対して二重・三重に税が課されることのないように、このように消費税の納付税額を計算するのです。一言でいえば、これが消費税の仕組みです。

こういったところを雑学として知っておくと、本試験のときにひらめくことがあるかも知れません。

関連記事

カレンダー

2018年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30