【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

理論の聞き流し暗記法

今年の税理士試験の消費税法の試験は、8月7日(火)午後3時30分から同5時30分に実施されることが国税庁のサイトで公表されています。ところで、皆さんは、この試験の時間帯を意識して普段から勉強していますか? この時間帯に消費税法の脳をピークに持っていけるようにライフスタイルを作るようにするだけでも、合格に一歩近づけると思います。何も考えないで普通に生活しているだけですと、この時間帯ってお昼下がりで眠くなるじゃないですか。午前中にパワーを全部使ってしまうと、午後は少しダラダラとなってしまいますよね。だから、今年、消費税法に絶対合格するっていう明確な目標を持っているのであれば、午後3時30分からが一日のピークになるようにエネルギーを配分するのです。

消費税法の学習でGW明けくらいから大変になってくるのは、やはり理論暗記とそのアウトプットでしょう。暗記して忘れて、また暗記してということを、ただひたすら繰り返すことになります。そこで、午後、昼食を取ったあと一息取りながら、理論を聞き流してみてはどうでしょうか? 最初は聞き流すだけでいいのです。すでに知っているKeyWordには脳が勝手に反応してくれるので、聞き流すだけで、関連KeyWordをきっかけに今まで解いた問題の復習を脳が勝手にやってくれます。理論の聞き流しは、そういう消費税法脳を作ることを習慣にしてしまうのが狙いです。

慣れてきたら、教科書やノートなど一目瞭然で全体像が分かるものを見て目から入ってくる情報でイメージトレーイングしてもいいでしょう。耳から入ってくる理論の音読を聴きながら頭でイメージして、アウトプットを意識するなら、聴いた理論を紙に書き出してみるとよいでしょう。そして、自分の書き出した理論を自分が先生になって採点するのです。そうすると、自分の弱点が客観的に分析できて、これからどんな対策が必要なのかが自然と分かってくるはずです。

合格するためには、このような日々の努力の積み重ねによって、何度も回転させることです。

消費税法の理論視聴のコーナーも少しずつコンテンツを増やしていきますので、ぜひ活用してみてくださいね!
http://shouhizei-navi.jp/special-feature/a-law-of-shouhizei/

関連記事

カレンダー

2018年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031