【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

税理士試験合格の秘訣は「科目選択」と「学習順序」

実はあまり知られていませんが、税理士試験を早く合格するには、科目選択と学習順序が非常に重要なのです。

一般的には、簿記2級を合格して簿記1級を目指したり、さらに上位資格を目指して税理士試験を目指す方が多いと思います。税理士試験の受験科目で一番最初に選ばれるのは、会計科目である簿記論や財務諸表論です。これは、今まで日商簿記検定などを受験し、簿記を学習されてきた方が多いため、馴染みやすいと考えられているからです。

しかし、馴染みやすいからといって、税理士試験の簿記論がすぐに合格できるわけではないのです。簿記論は完璧に勉強しようとすればするほど、知識はあるのにドツボにはまってなかなか合格できなかったりすることもあります。また、実務では簿記論の高度な専門的知識がすぐに役立つことはありません。実務ですぐに役立つのは、消費税法の知識だったりするのです。

では、どうしたらいいのか? 税理士試験は1科目でも先に合格してしまえば「合格体験」を持つことになります。この「合格体験」こそが重要で、どのくらい勉強すれば合格するものなのかという ” 受かり方 ” が分かってきます。そうすると自信になり、他の科目の勉強にも大いに役立ちますし、就職にも有利なのです。

受験指導校では「会計科目を合格してから税法科目」へという学習コースをよく見かけます。確かに会計科目は必須科目なので一理あるとも思いますが、「合格体験」をしてから難しい科目へ進んだほうが ” 受かり方 ” が分かっているので実践的という見方もできます。

そこで、私がオススメしたい学習順序は、簿記2級 → 消費税法 → 簿記論 → 財務諸表論 → 国税徴収法 → 法人税法 or 所得税法 です。もちろん、このやり方が絶対ではないけれど、税理士試験を受験されている方の多くは働きながら勉強されています。「知識を習得してからいつか実務に活かす」というのは学生時代で卒業しましょう。社会人になったら「実務に役立つ知識を習得する」に順番を変えるのです。

これは大胆な発想の転換です。もしかしたら、リスクもあるかもしれません。それでもインプットした知識を活かすアウトプットを前提とした勉強方法を身に付けることは、社会人になったら誰もが必要になってくると思うのです。

関連記事

カレンダー

2018年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031