【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

簡易課税の事業区分~まずは日本の産業分類を意識しよう~

消費税法において簡易課税を適用する場合、取引から事業区分を自分で判断しなければなりません。色んな取引が書いてある文章を読んでいると、世の中にはこんなに沢山の業種があるんだと驚かされます。

特に分かりにくいのは、「材料の支給を受けた場合の下請け加工」は第四種になるといった考え方でしょうか? これは、もともと第三種となる製造業等に該当しているものが前提となり、下請け加工などのサービスを施して対価を受け取るものです。第五種のサービス業と間違いやすいところです。

簡易課税の事業区分は、概ね日本標準産業分類に掲げる大分類をもとに判定されます。したがって、事業区分を考えるときは、まず、どの業種になるか産業分類を知っているとよいでしょう。消費税法に関連する本などは、それを知っていることを前提として書かれてあるものも多いので、もう少し掘り下げて知識を整理しておきましょう。いざというときに役立ちます。

総務省で発表しているこんなデータベースがありますので、参考にしてみてください。→ 総務省 日本標準産業分類

 

 

関連記事

カレンダー

2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930