【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

クリーニング店の簡易課税の事業区分

6月に入りました。そろそろ梅雨に入り雨の日も多くなるのかしら。皆さんはもう衣替えは済ませました?冬物はクリーニングに出さなきゃ。

ところで、クリーニング屋さんの事業って消費税法の簡易課税を適用する場合、どの事業区分になると思います❓サービス業として第五種事業になります。消費税法の知識が増えてくると、洋服を洗うサービスを提供するのだから、下請けサービスかなあって勘違いしてしまう方もいらっしゃるでしょう。

第四種事業と区分されるのは、そもそも製造業等として第三種事業に分類されることが前提です。

第三種事業、第四種事業、第五種事業の事業区分の考え方はこちらの国税庁サイトで確認できます。https://www.nta.go.jp/law/zeiho-kaishaku/shitsugi/shohi/20/15.htm

ただ結論を丸暗記するのではなく、考え方を理解するようにしましょう。

関連記事

カレンダー

2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930