【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

輸出物品販売場制度

薬局に行くと免税マークの旗が目立つところにかけてありますよね。一年前よりも、積極的に宣伝してるなぁという印象を受けます。

 

今日は、税理士試験消費税法においても出題される『輸出物品販売場制度』についてのお話です。

この制度の趣旨は、平たく言うと、外国人旅行客の方に日本のことをもっと知っていただいて、国内各地に旅行へ行っていただき、日本のものを色々と買っていただきたいというものです。そのために、外国人旅行客の方が買い物をする際、一定の物品については消費税を免除する規定を設けているのです。

受験上は、この制度の適用を受けようとする事業者の手続きや免税対象物品について中心に学びますが、実務レベルでは、消費者の消費マインドに寄り添って考えると面白いと思います。

国税庁からはこのようなパンフレットも発行されていますので、参考にしつつ、皆さんもお近くの免税店に足を運び消費者の行動をウォッチングしてみると、新たな発見があるでしょう。国税庁サイトはこちらです。→ https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/yusyutuseido_kaisei2016.pdf

関連記事

カレンダー

2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930