【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

宥恕(ゆうじょ)規定

昨日、大阪で大きな地震がありました。まず、被災された方、そのご家族の皆様、関係者の方へ心よりお見舞い申し上げます。

自分ができることは何かを考えつつも、まず目の前にある自分の仕事を頑張ることを、今は一生懸命やるしかないです。新たな情報を得たり、ご縁があったりしたら、そのときやるべきことをやろうと思っています。

どこに住んでいても、いつ地震が起きるかなんて、誰も予測できません。だから、日頃の備えは考えておかなければならないと、改めて思いました。ちょっとググッてみても、どういう備えが必要か、すぐに検索できます。いろんな方が情報をまとめてくれています。こういう情報網を上手に活用して家族や仲間と、何かあったときのために、いろいろと話し合い対策を立てておきましょうね。

ところで、消費税法では税額控除項目に手続要件というものが設けられています。税額控除項目というのは、事業者の納付すべき消費税額を減らすもので、納税者にとって有利な規定となります。

売上げに係る対価の返還等では「帳簿を7年間保存」、貸倒れでは「書類を7年間保存」、仕入税額控除では「帳簿及び請求書を7年間保存」することが必要になります。

また、国税庁のサイトでもこのような災害関連情報がアップされています。→ https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/saigai/h30/0618.htm

何が起こるかわからないからこそ、一日一日を大切にしたいものです。

 

関連記事

カレンダー

2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930