【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

全国の国税局と税務署

消費税法の条文を読んでいると「・・・次の事項を記載した申告書を税務署長に提出しなければならない」や「・・・納税地の所轄税務署長に提出しなければならない」、などという文言が出てきますよね。この税務署も国の行政機関の一つで、組織図では、国税庁の下部組織であり、国税局の行う事務の一部を執り行っています。→ 国税庁の機構

では、日本全国にどのくらいの国税局と税務署があるのか意識したことありますか? 思い出せば、都内にもいくつか税務署がありますよね。結構、いろんなところにあるように感じます。→ 全国の国税局・税務署

確定申告や中間申告、届出書関係などの条文を覚えるときは、ただ文字だけを追いかけて覚えるのではなく、組織図で捉えたり、社会の中での役割や機能、責任なども意識して理解して覚えるようにすると、条文にストーリー性が出てきて面白く読めるようになると思います。

関連記事

カレンダー

2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930