【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

中間申告の下書きは、手順が大切!

こちらの動画は、第67回(平成29年度)の計算問題の問1の中間申告の下書きの書き方を撮影したものです。この問題そのものは、基本的な問題になりますので、解き方の手順を確認するにはちょうどよいものだと思います。

下書きの書き方は、本で読んだだけだと、イマイチよく分からないという方も、こちらの動画でどのように下書きのボックス図を描くのかを改めて確認しておきましょう。

ポイントは、外枠のボックスから描いて一月・三月・六月と3段に分けた後、縦の棒を引き2分割するところから図を完成させる点です。いろいろなボックス図の描き方がありますが、私が経験した限りでは、このやり方が一番手早く、かつ、正確に解答できる方法ではないかと思います。

中間申告の問題は、今年の本試験もきっと出題されると思います。早い段階で問題の難易度を見極めて、得点できそうなら、確実に狙いに行ってください。そして、本試験でも、これまで何度も練習してきた自分の手順は崩さずに冷静に得点を積み上げることを意識しましょう。

関連記事

カレンダー

2018年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031