【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

本試験では、ケアレスミスに気をつけよう!

本試験で一番やってはいけないことは、ケアレスミスです。普段とは違う緊張感のなかで、いつもよりぎこちなく、いつもより不安定になってしまう自分と闘いながら、いつも以上の実力を発揮できるように祈りながら問題を解くことになるでしょう。でも、焦ると、普段は絶対にやらないミスをしてしまいます。しかも、専門的な知識以外のところで。

たとえば、私が簿記論を受験していたころ、実際にこんな失敗をしてしまったことがあります。

とにかく、問題の量が多いので、どこからどこまでが、この問題の「問」なのかを把握することさえ手間がかかりました。いつもどおり、問題文にひととおり目を通し、解くべき基本的なすぐに解答できる問題を解き終わったあと、試験終了まで残り30分を切ったとき、問題文の最後のページ(だと思っていた!)の次のページをめくったら、さらに問題文が続いていたのです。そのときは、焦りました。

火事場の馬鹿力なのか、頭の中で「自分が処理して導き出した不完全な解答」+「残りの問題文の指示」=「本来の解答」を一気にやり遂げて制限時間ぎりぎりで解き終えました。合格したい一心で汗と涙でぐちゃぐちゃになった答案用紙が無事回収されたのを見届けてから全身の力が抜けてしまって、しばらく動くことができませんでしたが・・・。

あの出来事から学んだことは、試験に関する専門知識以外の要素で勝負が決まってしまうことがある、ということです。それ以来、試験問題以外でも、受け取った資料の全体に目を通すときは、ページ数もきちんと確認するようにしています。

今年の本試験も、何が出題されるかなんて本当は分かりません。予想は当たることもあるし、外れることもあります。だから、試験が始まったら問題の全体に目を通すことから始めて欲しいのですが、その際、きちんとページ数も確認して、「本当にここで最後のページだよね」「答案用紙はこれですべてだよね」と自分自身と対話しながら慎重に臨んでください。

その先に「合格」があるはずです。

 

関連記事

カレンダー

2018年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031