【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集で趣旨を丁寧に説明しているワケ

税理士試験の消費税法の勉強方法は、まずは計算から始めて何となくイメージがつかめてから理論を学ぶのが一般的で、王道なやり方だと思います。手前味噌な話で恐縮ですが、今日は王道の学習法を意識して書き上げた著書のことを取上げます。

私が執筆している『みんなが欲しかった!消費税法の教科書&問題集』(略して『みんほし消費』)の各Chapterでは、これから学習する論点の一番最初のところで趣旨を丁寧に説明しています。実は、これが理論対策になるのです。計算だけなら趣旨を端折ってもある程度解けるようにはなるのですが、理論を考えると趣旨が大事なのです。

要するに、計算だけ解けば合格する試験なら、すぐに計算問題を見てしまって解き方だけマスターすればいいかも知れません。でも、私たちが目指す税理士試験の消費税法では理論問題も出題されるため、論述しなければならないのです。そのため、趣旨を丁寧に理解しておく必要があるのです。

この『みんなが欲しかった!消費税法の教科書&問題集』は、消費税法を一番最初に学習する方にぜひ手に取っていただきたいです。そして、王道のやり方で合格して、学んだ知識を社会の中で活かして頂きたいと思っています。

[amazonjs asin=”4813276989″ locale=”JP” title=”みんなが欲しかった! 税理士 消費税法の教科書&問題集 (1) 取引分類・課税標準編 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)”]

こちらの本にはWEB講義も付いています!→ 税理士独学道場消費税法

 

関連記事

カレンダー

2018年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031