【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

一月・三月・六月・・・←コレ、皆さんは、何と読みますか?

「ひとつき・みつき・むつき」・・・じゃないんです! 消費税法の世界ではコレを「いちげつ・さんげつ・ろくげつ」と読みます。消費税法などの税法を学習し始めると、普段、私たちが使っている日本語とはちょっと違う感覚を味わうことがあると思います。それは、最初にその用語を使った専門家の先生の影響だったり、日常用語と区別するためだったり、色々な理由があるようです。

でも、普段の感覚とちょっと違うと、心に残るのは事実ですよね。それを新しい発見や学びとして受け止めていくと良いと思います。

最後に一言付け加えると、「一月・三月・六月」を「ひとつき・みつき・むつき」と読んだからって、別に間違いではないそうで概念としては相手に伝わっているのでコミュニケーションをとるのに支障はありません。税理士試験の受験勉強では、中間申告制度を学習するときに、これらの用語が登場してきますので、楽しみにしていてくださいね。

関連記事

カレンダー

2018年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930