【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

条文を読むときは、主語と述語を意識しよう!

条文を読むときには、とにかく文法が大事なのです。だから、外国語を読むときのように文法を意識して条文を読んで欲しいのです。難解な条文を分りやすくまとめたものが、税理士試験の理論の教材です。

受験指導の中では、「これを覚えてください。」という指導法が主流ですが、これはあくまで結果です。自然と覚えてしまうまで正確に理解して欲しいのです。そうすると、ただの暗記にならず、本試験においても、実務においても使える知識になります。それに、やっている本人だって、その方が楽しいはずです。

たとえば、次の条文は、消費税法の非課税の規定ですが、これを主語と述語を意識して読んでみてください。ブルーが主語、グリーンが述語です。

「国内において行われる資産の譲渡等のうち、別表第一にかかげるものには消費税を課さない。」(法6①)

主文の主語には「」が打たれていますね。これが目印です。それより前の文章は条件を付け加えているだけなのです。

この条文が何のことを言っているのか、アウトラインを掴んでから中身に入っていくと、スムーズに理解できます。これは、条文だけでなく、普段読んでいる文章や、他の情報処理を行うときにも通用するテクニックの一つではないでしょうか。

関連記事

カレンダー

2018年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031