【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

温泉に行っても医療費控除は受けられる!?

税理士試験の消費税法の受験勉強では、消費税を課さない取引の一つとして「社会保険医療等」を学習しました。これは、消費税法において、「健康保険法等に基づく療養、医療等としての資産の譲渡等」は非課税とされるためです。

ところで、これから年末を迎えるにあたり、個人の確定申告の準備は進んでいますか?

今年、医療費がたくさんかかったという方は、確定申告を行うことで医療費控除を受け、ひょっとしたら医療費の一部が還付されることがあるかもしれませんね。

どんな費用が医療費控除の対象になるのかについては、国税庁サイトでもまとめて公表されています。→ 「医療費を支払ったとき」(国税庁サイトより)

さらに、持病の治療のため温泉地へ赴き湯治をしたなんていう場合でも、一定の場合には医療費控除の対象となるのをご存知ですか?

その制度のことを温泉利用型健康増進施設の利用といいます。たとえば、慢性関節リュウマチで通院して主治医の指導のもとこのような施設で治療を受けたなんていう場合は、医師の証明があるなどの一定の要件を満たせば、医療費控除を受けられるのです。関連するサイトはこちらです。お身内の方で、もしかしたら心当たりのある方がいらっしゃったら是非教えてあげてくださいね。→ http://www.jph-ri.or.jp/onsen-nintei/  https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/160624/index.htm

 

 

関連記事

カレンダー

2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930