【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

『個人事業の開業・廃業等の届出書』にも、消費税関係の届出書の提出有無の記載欄があります!

最近、フリーランスでWeb関係のお仕事されている方、結構増えていますね。好きなところで好きな時間に仕事が出来て、生活が成り立つのだから、そういう働き方があってもいいのかなって思います。一昔前みたいに一つの会社に終身雇用で、ずっと働き続けるなんてことは珍しいのではないでしょうか?

ところで、フリーランスでお仕事を始めたなら最初に「開業届」を納税地の所轄税務署長に提出しなければなりません。その際に使用する様式はこちら → 『個人事業の開業・廃業等の届出書』

見ていただくと分かると思いますが、「開業届」にも消費税に関する「課税事業者選択届出書」又は「事業廃止届出書」の提出の有無の記載欄があるのです。要するに、消費税法の知識は、受験勉強以外にも社会の中で役立っているってこと。

今、税理士試験の消費税法を学習されている皆さんには、こんな小さな気づきを大切にしてほしいと思います。

関連記事

カレンダー

2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930