【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

図書カードをプレゼントしてみたら・・・?

年末年始にかけて久しぶりに会う親戚や友人がいるっていう方も多いのではないかしら? せっかくだから何かプレゼントをしようと思っても何を贈っていいか分からないときは、図書カードをプレゼントしてはいかがでしょうか?

本は買わなくても借りて読めばいいって方もいらっしゃるとは思いますが、図書カードをもらうと、「そういえば、あの本欲しかったから、これで買ってみようかな」っていう気持ちにもなります。そうして買った本との出会いが自分の人生にとっては大きな転機となったりすることもあります。それは、贈り物としては素晴らしいものだと思うのです。

最近では、結構いろんなデザインのものがあって見ているだけも楽しいですよ。たとえば・・・

[amazonjs asin=”B073D4ZT73″ locale=”JP” title=”全国共通 図書カード ラビット 5000円分”] [amazonjs asin=”B07J6PYYFB” locale=”JP” title=”図書カードnext 3000円”] [amazonjs asin=”B074TBWW7M” locale=”JP” title=”図書カード 2000円 富士山”]

ちなみに、消費税法では、図書カードは物品切手等の譲渡として非課税になるため、これを買ったときに消費税はかかりません。本という課税資産の譲渡等を受けた時に消費税を含んだ代金を支払いますが、このときお金ではなく、この図書カードで決済することができるのです。国税庁でも質疑応答事例の中で非課税取引に対する考え方をこんな風にまとめています。→  https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/6229.htm

身近な事例から消費税のことを関連付けて考えられるようになると、学習がますます楽しくなってくると思いますよ。

関連記事

カレンダー

2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31