【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

法令用語「時期」・「期日」と「期限」と「期間」の意味の違いに注意しよう!

「時期」・「期日」と「期限」と「期間」・・・いずれも時間に関わる法令用語です。日常会話でそんなに違いを意識して使ってる人は少ないと思いますが、法令用語として使うときは意味の違いに注意が必要です。

「時期」・「期日」とは、平たく言うと、公私においてその約束事を実行すべき日、あるいは、約束事の法律上の効果が発生したり、消滅したりする日のことをいい、具体的な日時を定める際に用いられる法律用語です。

たとえば、消費税法第16条リース譲渡に係る資産の譲渡等の時期の特例や消費税法第17条工事の請負に係る資産の譲渡等の時期の特例においても、「時期」という用語が使われていますね。

また、「期限」とは、ある連続した時間の終わりを意味します。

たとえば、消費税法第49条において確定申告による納付について、次のように規定しています。「確定申告書を提出した者は、その申告書に記載した差引税額(中間申告を行っている場合には、納付税額)があるときは、その提出期限までに、その消費税額を国に納付しなければならない。」

さらに、「期間」とは、ある連続した時間の長さの始めと終わりを表現する法律用語です。

たとえば、消費税法19条①一において個人事業者の課税期間について、次のように規定しています。「一月一日から十二月三十一日までの期間

いかがですか?読んでみて、なるほど!と思っていただけたら、嬉しいです。この意味の違いは、他の税法を学習する際にも役に立つ知識ですので、ここでしっかりと押さえておきましょう!

関連記事

カレンダー

2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31