【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

第68回(平成30年度)税理士試験合格発表!

今日は、今年の夏に実施された税理士試験の合格発表日です。第68回(平成30年度)の税理士試験結果はこちらです。→ 第68回(平成30年度)税理士試験結果 国税庁

消費税法を受験された方、あるいは、他の会計科目を受験された方は、科目合格の通知が自宅に郵送されてきます。また、全科目合格された方は、官報に公表されます。国税庁のサイトでは受験地ごとに合格された方の受験番号を公表していますので、リンクを貼っておきますね。→ 第68回(平成30年度)税理士試験合格者受験番号

合格された方、本当におめでとうございます。また、今回は合格には縁がなかったという方、もしかしたら、次回のタイミングで合格したほうが自分には良かったのかも知れない、と考えてみてください。これは慰めではなく、どのタイミングで合格するかによって出会う人が違ったり、出会う仕事が違ったりするからです。今の経験はすべて将来にとって必要なものだったと思える日が訪れるはずです。すべて「是」として受け入れて、それを肥しとして、次に向かって行けるといいですね。

また、今年は税理士試験を受験しておらず、来年、初めて税理士試験を受験しようとお考えの方、何となく想像できると思いますが、税理士試験の合格発表って、もしかすると、本試験を受験するより緊張する瞬間なんですよ。試験は、必死になって目の前の問題を解いていれば時間が経って終わってしまいますが、合格発表って、既に終わったことに関して、一方的に通知が送られてくるのですから。そんなとき、自分だったら結果をどう受け止めて、次の人生を切り開いていくかを今から考えてみるのもよいと思います。その時になってみないと分からないこともいっぱいありますしね。

税理士試験に合格することだけが人生じゃないですし。税理士試験を通して学んだことを他の職業等で活かしてもいいと思います。あるいは、将来のために税理士試験の受験勉強をもっと頑張る!という選択だってあるでしょう。

いずれにせよ、資格を取ったら社会の中でどう活かすか? 学ぶチャンスはいくらでもある時代の中で、学んだ知識をどう活かすか? 活かし方をしっかりと考えることが一番大切なのかも知れません。

税理士試験の消費税法に挑戦し、時間を効率よく使ってWebで学習したい方は、ぜひこちらの講義も参考にしてみて下さい。→ https://bookstore.tac-school.co.jp/dokugaku/zeirishi/tax.html

こちらの講義は、過去問を研究し尽くした1コマ約15分のWeb講義です。学習の初歩段階から、今、学習している内容が本試験でどのように出題されるのかを明確に説明しているためゴールまでの距離感を掴みながら学習を継続することが可能です。また、税理士試験の受験にブランクがある方や、最初に消費税法の学習範囲を一回転させて全体像を把握したいという方にもオススメです。

関連記事

カレンダー

2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31