【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

「食の大切さ」を思う

受験生活で一番気を付けなければならないこと。それは、「風邪を引かないこと」。慌ただしい日々の生活に追われて、さらに復習しなければならないことが溜まってくると、どうしても食事がおろそかになりがちです。皆さんもカップラーメンなどで適当に済ませたりしていませんか?

私も、忙しい時期は、インスタントの食事で簡単に済ませることがあり、また、そのテンションで「自分が頑張ってる感」に酔ってしまったりすることがあります。そうすると、私は必ず風邪を引いてしまいます。その度に、食生活を見直したりするいい機会だと反省したりするのですが・・・。

実は、私、先週くらいから、少し風邪気味だったのですが、ようやく風が抜けてきたので、今日は知人が主催する、ちょっと早いクリスマス・イベントに参加してきました。美味しい手料理でもてなしてくれて、体も心もリセットできました。しかも、食材はすべて地元で手作りしたもの。農家の人が丹精込めて作ってくれた野菜中心のお料理が並べられたテーブルはこんな感じ。

上の写真は見ての通り、「クリスマスツリー」と「雪だるま」です。初対面の方もいらしたのですが、こんな遊び心のある盛り付けをしたお料理を一緒に食べてたわいのない会話を楽しんでいるうちに、くつろいでゆっくりと食事をとることができました。

そこで今日、私が気付いたこと。「美味しく食事をする時間をつくろう」っていうことです。「美味しい」というと、つい高級レストランに行くとか、そういうことを安易に考えてしまいますが、そうではないのです。自分が住んでいる地元の食材を使って丁寧に料理したものを、食卓に並べて、人と楽しみながら一緒に食事をするのです。そういう時間を大切にすること。

初めての場に行くことや、知らない人と出会うのは、時として億劫な面もあったりしますが、それ以上に、新たな気づきを得られることも多いと思います。皆さんの周りでも、よい機会があったらぜひ参加してみて下さい。

最後に、「食と消費税」に関して一つだけお話しておきます。今後、消費税率が10%に引き上げられますが、私たちが毎日生きていくために最低限必要な「食」に関しては、軽減税率といって10%より低い税率が適用されて8%となります。だから、消費税率引き上げ後は、自宅で作る食事に関しては、私たち消費者が負担する消費税はこれまでと同じ、ということですね。

今日は、「食の大切さ」を改めて考えさせられた一日でした。

関連記事

カレンダー

2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31