【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

年末年始のお休みに固めるべき「税理士試験消費税法の論点」

これから年末年始のお休みに入り、ある程度まとまった時間が取れるという受験生に、今日は、来年2019年の本試験に合格するために固めておくべき論点についてまとめます。

税理士試験の消費税法は、詳しく知らない人は税法の1科目だから簡単というイメージを持ってしまいますが、ここまで学習してきた受験生であれば、もうお分かりですね? 法人税法や所得税法に比べてボリュームが少ないとは言え、各論点ごとに越えなければならない山は結構あるのです。

でも、学習のやり方を知っていれば、他の科目を学習しながらでも、仕事を持ちながらでも、この消費税法を攻略し合格することができるのです。それは「8:2の法則」を応用して学習することです。これはパレートの法則ともいいます。

[amazonjs asin=”4484181118″ locale=”JP” title=”増補リニューアル版 人生を変える80対20の法則”]

要するに、この法則を受験勉強に応用して、全試験範囲のうち重要な2割を完璧に制覇することで、残りの8割にも対応できる力を付けようというものです。

消費税法の試験の出題傾向を見てみると、この特性が顕著に表れています。たとえば、『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集 仕入税額控除編』CH8で取り上げている「課税仕入れの範囲」ですが、これを完璧に理解していれば、そのまま過去問第65回(平成27年度)【第一問】問1の理論問題が解けるでしょう。

[amazonjs asin=”4813276997″ locale=”JP” title=”みんなが欲しかった! 税理士 消費税法の教科書&問題集 (2) 仕入税額控除編 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)”]
[amazonjs asin=”4813277284″ locale=”JP” title=”税理士 28 消費税法 過去問題集 2019年度 (税理士受験シリーズ)”]

そこで私が選んだ、この年末年始のお休み期間中、受験生に固めておいて欲しい論点は、こちらになります。

取引分類

課税標準

仕入税額控除(原則課税)

④ 仕入税額控除(簡易課税)

納税義務の判定

これさえ、やっておけば、年明けから加速度的に実力が付いてきます。

あと、せっかくのお休みですから、たっぷりの栄養と睡眠を取って、英気を養うことも忘れずにね!

関連記事

カレンダー

2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31