【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

受験勉強、大切なのは毎日続けること。

小学生のとき、担任の先生から「継続は力なり」という言葉を贈られたことがあります。たぶん、お正月の年賀状のあいさつに、そんなメッセージが書いてあったような気がします。当時、意味も分からなかったのですが、いつもカッコいい言葉を使うその先生のことが好きでした。

税理士試験の受験勉強を始めるようになって、つくづく「継続する」ってスゴイことなんだなぁと思うようになりました。税理士試験って他の国家試験に比べても受験期間が長く10年くらいかかるなんて話もよく聞きます。

その期間、受験勉強だけをしているわけではなく、当然のことながら生活しているわけですから、どうしても仕事やプライベートなど他のことと一緒にやらなければなりません。

逆に言えば、税理士試験の受験生って時間の使い方が上手なんですよ。時間の使い方が上手い人たちは、分刻みで、自分が何をやるべきかを把握して、一番の近道で目標に辿り着けるプロセスをサッと頭の中で組み立ててしまう。見習いたいというか、本当に尊敬してしまいますよね。

[amazonjs asin=”B074GWMRFC” locale=”JP” title=”1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣”]

正直なところ、私も、最初のうちは、時間の使い方があんまり上手ではなかったのです。でも、工夫したり、訓練したりして前よりだいぶ改善されてきました。

具体的にどんなことを工夫したかというと、たとえば、「税理士試験の消費税法の合格」を目指した年は、試験時間が開始する15:30~17:30は必ず消費税法の問題や話題に触れるようにしました。その時間は、自分の作ったミスノートを眺めるでもいいし、理論集に目を通すでもいい、ただ脳のスイッチを消費税法に切り替えるのです。

そうすると、体が自然と覚えてきて、その時間、消費税法の脳になるんです。これは、会社に勤めながらでもできるじゃないですか。3時過ぎて、ちょっとコーヒーを飲みながらポケットからメモを取り出して読む、みたいな感じで、自分のミスノートを読むんです。

やろうと思えば、誰でもできるし簡単なことです。「毎日2時間の受験勉強をしなさい。」というと「時間がなくてできない。」と言われてしまいそうですが、「 毎日15:30~17:30 に消費税法に触れる。」しかも、時間のないときは5分でいい、と言われれば、できるでしょう??

よいと思ったこと、やりたいと思ったことを、習慣化してしまうと、いつの間にか継続していて、それが力になっていたりするのです。2019年税理士試験の消費税法に絶対合格して次に行きたい人は、ぜひやってみてください。他の勉強でも使える技になると思いますよ!

[amazonjs asin=”4813276989″ locale=”JP” title=”みんなが欲しかった! 税理士 消費税法の教科書&問題集 (1) 取引分類・課税標準編 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)”]
[amazonjs asin=”4813276997″ locale=”JP” title=”みんなが欲しかった! 税理士 消費税法の教科書&問題集 (2) 仕入税額控除編 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)”][amazonjs asin=”4813277004″ locale=”JP” title=”みんなが欲しかった! 税理士 消費税法の教科書&問題集 (3) 納税義務・その他論点編 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)”]
[amazonjs asin=”4813277411″ locale=”JP” title=”税理士 41 消費税法 理論マスター 2019年度 (税理士受験シリーズ)”]
[amazonjs asin=”481327742X” locale=”JP” title=”税理士 42 消費税法 理論ドクター 2019年度 (税理士受験シリーズ)”]

関連記事

カレンダー

2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31