【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

飲食店も定額制サービスを始めています!

 

税理士試験を受験されている方は、皆さん、将来の仕事についても真剣に考えていらっしゃる方も多く、どうやってこの資格を活かしていくか悩んだり、情報収集したりしているようです。逆に、将来の心配ばかりしていても取り越し苦労になってしまうからって、今ある目の前の勉強を頑張るっていう方もいらっしゃいます。

その直向きさに、私の方がいつも励まされているのです。

だから、将来の仕事のために人脈を作ろうとかっていう発想になったりするのだろうと思いますが、正直、私は、人脈っていう言葉があんまり好きではないのです。

なぜなら、人脈よりも人の輪を大切にしたいと思うからです。一緒にいると楽しいから、自然と人が集まってくる、人が集まれば何か一緒に楽しくできることを考える、美味しい食事をしながら語り合う・・・そういう場がとても好きで大切にしたいと思うから、同じ価値観の人が共感して引き寄せられてくるみたいです。

とても幸せなことです。

人との約束が増えると、これまで以上に時間の使い方を上手くならなければならないと切実に感じます。やることが多くて気持ちばかり先走って、カリキュラムを消化するような過ごし方をしないように気を付けなくちゃって思います。一回ごと、充実した時間を過ごせるように工夫しています。

「場」にもこだわっています。居心地の良い「場」を探すのです。目的に合った「場」、集まる人が好きそうな「場」、仲間たちがくつろげそうな「場」です。自分で、その「場」を探すため、いろいろなお店や会場、公園などに行ってみたりします。

私は最近知ったのですが、今は定額制飲食店というのがあるようです。平たく言えば、1ケ月何回通っても定額で飲食できるサービスがあるお店なのだそうです。→ 定額制飲食店に関する情報

そうそう。せっかくなので、最後に消費税法のことを一言。もし、事業者として、このような定額制飲食店に会費などを支払った場合、このときに支払った消費税額は仕入税額控除の対象となります。この課税仕入れは、明確な対価関係がある、つまり、飲食サービスに対する対価と考えられるからです。→ 国税庁サイト 「会費や入会金の仕入税額控除」

実体験の中で学べることがあると、もっと勉強が面白くなると思います。

 

 

関連記事

カレンダー

2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031