【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

予防が目的の予防接種は、医療費控除の対象にはならない!?

そろそろ確定申告の時期突入です。平成30年度にたくさんお医者さんにかかったという方は、会社員であっても早めに医療費控除など確定申告の準備をしておいたほうがいいでしょう。→ 平成30年度分 確定申告特集

去年、私はアフリカのルワンダという国に行くため、たくさんの予防接種を受けました。確定申告をすれば医療費控除で還付されるのかしらと思いきや、調べてみると、予防接種にかかった費用は医療費控除の対象外とのこと。

医療費控除の対象となるのは、あくまでも「治療」が目的のもの。「治療」と「予防」の違いを改めて再認識させられました。

ちなみに、予防接種を受けるサービスについては消費税は課税の対象となりますので、私たちは消費税を負担することになります。国内取引で「消費税が非課税とされるもの」には含まれないからです。

「予防接種」一つとっても、所得税や消費税の取り扱いはそれぞれ異なります。ちょっとしたことでも、ちゃんと調べて覚えておこうっと。( ..)φメモメモ

関連記事

カレンダー

2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031