【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

春は出逢いと別れの季節です。

「良縁」というと、恋愛や結婚をすぐに連想する方も多いと思いますが、仕事でも良い縁があれば広がりますし、試験だって、いつのタイミングで合格するかによって人との出会いや経験させられることが変わってくるのです。

だから、もしかすると、必ずしも早く合格することだけが「良縁」をもたらすとは限らないと思います。

税理士試験を突破するには、まずは、合格レベルの実力をつけることは言うまでもありませんが、次に、皆さんにとって一番良いタイミングで合格することです。それが、おそらく一番成功に近づくのではないでしょうか。

そして、どのタイミングが一番ベストだったかは、後になってみないと分からないものです。今、一生懸命勉強している受験生は、当然、今年の合格を目指しているでしょうが、もしかしたら、今年、不合格で来年に合格したほうが幸せなことだってあるかも知れません。

昔から、「苦難福門」という言葉があり、平たく言えば「一見苦しく醜く絶望的なことが実は自分を見直すいいきっかけとなり、将来の幸せや成功を導いた」という意味です。

落ちるために必死に勉強する受験生なんて誰もいませんが、合格のために慌てすぎて雑に勉強してまぐれで合格するよりも、じっくり腰を据えて勉強したほうが正確な知識が得られます。

この考えている暇もないくらい忙しく、復習量が増える時期に、このことを少し気にかけてほしいのです。

縁担ぎのため、神田明神の写真をアップします。お参りに行けない方も、心の中で手を合わせてみてくださいね。

関連記事

カレンダー

2019年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031