【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

2019年10月1日から消費税率10%に引き上げられたら、請求書や領収書等をよく見てみよう!

今年の受験には、直接的に関係はありませんが、あと約半年後、2019年10月1日から消費税率10%へ引き上げられる際には、同時に軽減税率制度が導入されるため、日本でもいよいよ複数税率が適用されることになります。

詳しくは、来年2020年度版の『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』シリーズでも取り上げていきますが、私たちの生活においても、実務の現場でも、これは大きな問題です。

なぜなら、消費税率10%が適用されるものと、軽減税率といって消費税率8%が適用されるものの2種類が出てくるからです。

軽減税率制度とは、平たく言えば、消費税率8%から10%へ引上げられる際に、消費者の負担が増えるわけですから、その分、一般の人たちの暮らしにムリが出ないようにと配慮され、私たちが生活するために絶対に欠かせない飲食料品などには10%より低い8%の税率の適用を認めるという制度です。

そうすると、私たちがスーパーで買い物をしたときには、おそらく消費税率10%の商品と消費税率8%の食べ物の両方を買うことになりますよね。おそらくレジで受け取る領収書の形式は、10%のものと8%のものと分けられているでしょう。また、そのようにすべく、スーパーを経営している側の事業者は現在、準備を進めているはずです。

このような適用税率を区分した請求書のことを「区分記載請求書」といいます。具体的な請求書のサンプルが政府広告オンラインに載っていますのでリンクを貼っておきますね。→ https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/jigyosya/kubunkisai.html

さて、今年の受験を考えた場合は、対策としては、仕入税額控除の手続き要件に改めて目を通しておきましょう。改正があるときやその前後の年には、その論点の知識を問う問題(直接的にも間接的にも)が出題されることがありますから。

ちょっと面倒でも、「出るかも!」と思うと「今、やるしかないっ!」って思えるでしょう???

関連記事

カレンダー

2019年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031