【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

税理士試験で修正液・修正テープが使用できるようになります!

これまで税理士試験において使用することができる文房具には、修正液や修正テープは含まれていませんでした。しかし、先日、国税庁から公表された今年の受験情報をチェックすると、どうやら今年から修正液や修正テープの使用が認められるようです。→ https://www.nta.go.jp/taxes/zeirishi/zeirishishiken/qa/qa05.htm#a-29

といことは、仮に理論問題で答案用紙に記述している際に書き間違えたときは、修正テープなどを使って白く塗りつぶしてから、改めて正しい答えを上書きできるということになります。

これまで過去に税理士試験を受験したことがある方は驚かれると思います。メリットとしては、書くべき条文を間違えてしまったことに気付いたとき、一度白紙に戻してから改めて書くことができる、という点です。

ただし、時間がその分余計にかかってしまうことは自覚していたほうがいいですね。いくら書き直しが可能と言っても、そこで必要以上に時間を費やしてしまえば、本末転倒。理論と計算のすべてを解き終えられなくなります。

だから、「一度書いた解答は訂正しない」という意識を持っていたほうがよいかも知れません。

もし、修正するために文房具を使うのであれば、私は修正テープのほうをおススメします。修正液だと塗って乾くまでに時間がかかります。見た目も修正テープのほうがきれいだからです。

受験生でいるときは、どうしても、覚えている理論を吐き出す、という姿勢になりがちですが、答案用紙全体を見て、見やすい答案用紙になっているか冷静に自分の作った作品を見てみることも時には必要だと思います。




関連記事

カレンダー

2019年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930