【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

個人事業者が仕事で使っている車をプライベートで使ったら、みなし譲渡になる?orならない?

「個人事業者が仕事で使っている車をプライベートで使ったら、みなし譲渡になる?」・・・答えは、”NO!”ならないです。

そもそも、みなし譲渡とは、個人事業者なら、棚卸資産又は棚卸資産以外の事業用資産を家事のために消費又は使用した場合に、消費税法上、対価を得ていない取引を対価を得たものとみなして課税の対象に含めるというものですね。

具体的にはこのような場合です。

自営業(土建業)で生計を立てているお父さんが、お休みの日に、いつも仕事で使っている「〇〇土建」と書いてある仕事用の車を使って仕事仲間とゴルフに行ったとします。

この場合、本当にプライベートのためだけに車を使っているとは判断しにくいですよね。

したがって、このように仕事用の車をプライベートで使う行為は、みなし譲渡で規定する「使用」には当たらないことになります。

消費税法基本通達でも規定されていますので、これは考え方を押さえておくようにしましょう。→ 個人事業者の家事消費等

関連記事

カレンダー

2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031