【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

何となく疲れを感じたら、天然の栄養ドリンク「甘酒」を飲んでみて。

「何となく疲れる」・・・急に暑くなったり寒くなったりすると、体が環境に慣れてないため妙に疲れませんか? 受験生にとっては健康第一ですから、このような疲れは早く取り除きたいものです。

また、受験生に限らず、何かを目指して頑張っているときは、毎日が忙しくなり課題も多く感じられ、現実と理想のギャップに脳が疲れてしまいます。

そんなときは、たっぷりの栄養と休養と取って、英気を養いましょう。試験が近くなればなるほど、休養を取ることに罪悪感を感じてしまい、自分を追い詰めてしまいがちですが、「遊ぶこと」と「適度に休養を取ること」は意味が違います。

適度な休養は、脳にも体にも良いし、新鮮な気持ちで改めて勉強に戻っていけるものですよ。とは言っても、私も受験生時代はやり過ぎの傾向が強く、不調なまま勉強を続けていくことが多かったですけれどね。

ところで、最近、私がハマっている健康法は「毎朝、甘酒を飲むこと」です。普段は室内で仕事をすることが多いのですが、エアコンが効きすぎていて結構寒いのです。そこで、知人からの勧めで甘酒を飲み始めたのですが、これが私にはピッタリです。

「甘酒」といっても、米麹から作られているほうの甘酒です。こちらは、酒粕から作るほうの甘酒 とは違い、アルコールは入っていません。お砂糖も入っていないのに甘くて飲みやすいのです。

「甘酒」のお蔭なのか、夜はぐっすり眠れるし、冷え性も改善されてきたように感じています。以前よりも肩こりが無くなってきました。

私の中では「甘酒」というとお正月に飲むイメージがあったのですが、江戸時代は夏に飲む飲み物だったとか。飲む点滴と言われる栄養満点の「甘酒」は夏バテ防止のためのものだったのですね。昔の人の生活の知恵です。

これを応用して、毎年夏に実施される税理士試験の受験対策に「甘酒」はいかがでしょうか。

関連記事

カレンダー

2019年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930