【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

“特定消費料金未納” 詐欺には、ご注意ください!

こちらのハガキは、私の知り合いの自宅に届いたものです。今、”特定消費料金未納” 詐欺が急増しているそうです。行政側でも注意を呼び掛けています。→ 習志野市HP国民生活センター

私たちは、税理士の受験勉強を通して、多少の税金関係の知識を身に付けることができます。それでも、突然、自宅に地方裁判所管理局からこのような告知が届くとビックリして慌てて言われるがまま対応してしまうことはないでしょうか。

もし、身の回りに、このような詐欺のハガキを受け取った方がいらしたら、ぜひ教えてあげてくださいね。

このハガキに書いてある文章を冷静に読んでみると、結構不自然な点が多いことに気付かされます。難しい専門用語を並べ立てている割には、税金を滞納したことによる財産の差押えについても、前後関係の順番がいい加減ですし、この文章は素人が作ったものなのだ、ということがすぐに判ります。

こういう税金関係の一般的な知識は、税理士試験の受験科目ともなっている「国税徴収法」を学ぶと身に付けることができます。

消費税法の受験を終えた後の次の科目を考えるなら、「国税徴収法」もお勧めです。ただし、所得税法・法人税法はいずれか一つを選択し必ず合格しなければなりませんので、何年かかけるつもりで早めに手を付けておいてもよいでしょう。

今、学んでいる税金の知識を、日常生活のさまざまな場面で活かすことを考えていると、色んなところにヒントや題材が転がっているものですよ。

関連記事

カレンダー

2019年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930