【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

いよいよ来週には税理士試験が実施されます。8月6日(火)から8月8日(木)までの日本全国の天気予報を見てみると、おおむね晴れているようですね。・・・ということは、暑さ対策を万全にしていきましょうね。

まずは、今週末にもう一度税理士試験の持ち物をチェックしましょう。こちらを参考にしてくださいね。→【税理士試験の持ち物】チェックリスト

この持ち物の中に飲み物がありますが、受験案内によれば「水分補給のため700ml以下の蓋付きペットボトル1本」は持ち込みが認められいます。私がオススメしたいのは、普通のミネラルウォーターですね。

人によって好みは色々とあると思いますが、もし万が一こぼしてしまったりしたときに、ただの水なら色が付かないし、乾けば紙が寄れる程度で何とか元どおりなります。それに味が付いてる飲み物は糖分を多く摂りすぎてしまいそうです。汗を多くかく人は、お水で薄めたポカリスエットみたいな飲み物がいいですね。これを作り方に書いてあるよりも2倍くらいに薄めて飲むと、汗で失われた体に必要な栄養も補給できるし、糖分を抑えられるしお財布にもやさしいし、一石二鳥です。

また、消費税法の試験は午後からなので、だるい暑さがピークになっています。気持ちを切り替える意味でも、冷やしたペットボトルを準備しておくとよいかも知れません。試験会場に入る前に会場の外で待っているときなど、冷えたペットボトルを握りしめているだけでも結構気持ちいいと思います。

そして、試験会場である教室内に入ったら、おそらくそこは外の暑さとは打って変わってエアコンがかなり効いています。汗ばんだ体で急に冷えたところに行くと、人は体温調節が難しくなります。体調を崩さないためにも、冷房対策として薄手の上着を持って行くことが必要です。そういうときは、パーカーなんかは、とてもいいですね。自分の受験番号が貼ってある席にエアコンの風が直撃するといった場合には、パーカーのフードを被って体を守ればいいですから。

税理士試験は長丁場ですが、毎年毎年人それぞれ色んなドラマがあって面白いものだと思いますよ。

【税理士試験シリーズ】オススメ教材

 

関連記事

カレンダー

2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031