【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

今年、第69回 税理士試験を受験された皆さん、お疲れ様です。まだ、すべての科目の試験は終わっていませんが、とりあえず、消費税法についてはお疲れ様でした。他の科目も併せて受験されている方は、もうひと踏ん張りです。頑張ってくださいね!

今年の受験を終えられたという方は、羽を伸ばす前に、一つだけお願いします!「本試験での自分の解答をそのまんま復元」すること。

本試験で配られた問題と計算用紙をもう一度机の上に置いて、自分がどのように問題を解いたか思い出しながら解答を復元するのです。普段だったら、このように解く、という習慣は記憶をたどるうえで助けになりますが、過度に過信しないように。本試験というのは、意外と、普段やらないことをしでかしてしまうことがあるからです。計算用紙に書いたメモや問題用紙に書いたマークなどを追っていって、正確に本試験での自分の解答を復元してください。

さて、私も、今年の税理士試験の消費税法の試験問題を拝見しました。

理論については、輸出免税等や簡易課税制度など基本的な論点から出題されていましたね。教科書でも取り上げている内容をきちんと理解できていれば、けっこう書けたのではないでしょうか。簡易課税制度については、計算パターンを思い出して、それを文章にまとめられればいいですね。

計算の問1については、不動産業を営んでいる法人の原則課税の問題でした。建物の名称から課税あるいは非課税を読取り、取引分類を行うとともに、課税仕入れ等の区分については、売上げ側の取引分類を頼りに建物の名称で判断することもポイントの一つです。ボリュームが多いため初見の段階で、スピーディに解く手順を決め、問題の取捨選択を正しく行うことが必要です。

また、計算の問2については、納税義務の判定の問題でした。このような形で納税義務の判定の問題を見るのは珍しいです。一見、法人税法の問題かと思われるような会社情報が問題に載っていましたね。納税義務の判定の全体像を意識して、一つ一つ丁寧に解けばきちんと解ける問題もありましたので、その辺りを冷静に判断できたかどうかがポイントです。また、解答要求は「甲社における第1期から第3期までの各課税期間における納税義務の有無の判定」なので、間違えて他の会社の納税義務の判定をしないようにしましょうね。難しい箇所が分かりやすいというのは、受験生にとっては有難い問題だったのではないでしょうか。

問題を解く姿勢としては、くれぐれも難しいところで時間を使い過ぎないように注意しなければなりません。

そして、復元した解答が出来上がったら、それを持って、ぜひこちらの解答解説会に参加してみてください。今年のボーダーラインが分かり、今後どのようにしていけばいいか等、何かヒントになる出来事と出会えると思います。→ 第69回税理士試験【解答解説会&個別学習相談会】

また後日、詳しい解説をしますので、少しお待ちくださいね。

 

関連記事

カレンダー

2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031