【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

税理士試験の受験を終えて解答復元をして、ホッとしたのも束の間、受験生の中には、自分の部屋に散らかる税理士試験の教科書や問題集、答案練習の資料の山にうんざりしているっていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かくいう私も、受験を終えた後は、改めて自分が使ってきた教材が机の上に山のように積まれていて(もちろん自分では何がどこにあるか、積まれている順番とかも全部分かっているのですが)、「これ、どうしよう???」って思ったことがあります。

自分が一生懸命やってきて、その”頑張った証”みたいな教材を単に”燃えるゴミ”として処分したくなかったのです。気持ちは分かるでしょう?(*_*;

でもね、今回受験した科目の手ごたえが良くても悪くても、年内は独学するなり、どこかの受験指導校に通うなりして実力を維持しておいたほうがいいです。そういう場合は、Web講義なんて本当に便利だと思いますよ。そして、注意して欲しいことは、実力がある受験生の方も、年内は基礎固めに力を入れるべきです。ついつい難しい問題に手を出してしまいがちですが、「こんなの簡単すぎて知ってるよ。」というような基本論点をもう一度確認しておくことが大切なのですね。

まずは、週末に実施される解答解説会に行ってみて、今年受験した科目の合格の可能性を確認してみて下さい。→ 第69回税理士試験【解答解説会&個別学習相談会】 次に、年内をどのように過ごそうかと計画を立てていきましょう。自分なりの将来像を心に思い浮かべ、それに向かっていくロードマップが描けたら、思いっきり休んでくださいね。やるべきことをやり遂げた今なら、遊びもすごく楽しいはずです。

そして、今回上手くいった人も、反省点が残る人も、ぜひ時間を作って、これまで使ってきた教材の整理をしましょう。踏ん切りがつかないってこともあると思いますが、思い切って「断捨離」をオススメします。全部捨てろなんて言いません。必要なものだけ手元に残しておけばいいのですから。

「断捨離」をしてみると、部屋も片付いて綺麗になるし、頭の中もスッキリ整理できるようになります。

私も、最後まで捨てられなかったのは、自分の作ったミスノートとメモがいっぱい書いてある理論集でした。でも、その中には勉強内容の一番のポイントがコンパクトにまとめてあって、その年の受験は失敗しても、次の年にはその古~い教材+α新しい論点の上乗せをしていけば、それなりに余裕をもって合格できるものなのですよ。そして、それが私が今手掛けている教材開発のベースになるものでもあります。

頑張った分の「実り」は、必ずあります。それだけは、誰にとっても真実だと思うのです。

【税理士試験シリーズ】オススメ教材

関連記事

カレンダー

2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031