【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

税理士試験受験生で、これからどの科目を選択しようかと悩んでいる方へ。

もちろん、これは消費税法のサイトなので、このサイトを読んでくださる方は、消費税法への関心は高いのだろうと思っています。でも、最終的に選択する場合、やはりその科目に興味がなければ続きません。

では、税理士試験の「消費税法」では、どんなことを学習するのか?

このお盆休みの期間中、身近な事例で消費税法の学習がどういうものかがイメージしやすいものを探していました。

すると!・・・テレビやラジオ、ネットのニュースでも普通にあるじゃないですか。

それは、「交通情報」です。

税理士試験消費税法の学習を始めて、一番最初に習うのは「課税の対象」です。その取引が消費税法を適用する「課税の対象」となるかどうかっていうことを、最初に学習するのです。

お盆休みの交通情報だって、消費税法上の「取引」として見ることもできます。たとえば、東京から大阪へ高速道路を使って行ってみた、という場合です。これは出発地も到着地も日本国内なので、消費税法上は「国内で行われる取引」と判定するのです。

他にもいくつかの要件を満たせば、消費税の「課税の対象」となりますが、消費税法を学習すると、このように身近なお金を使う出来事(≒取引)を一つ一つ理屈を付けて考えていくことになります。

面白そうでしょう???

興味を持った方はぜひ、私と一緒に消費税法の学習をしていきましょう!(^^)/
【税理士試験シリーズ】オススメ教材

関連記事

カレンダー

2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031